準備体操(ウォーミングアップ)について

こんにちは。かつぬま整骨院の勝沼です。

 秋も深まり、今週末は奥久慈が見ごろでしょうか。今日・明日は118・349号線の混雑も考えられますね。皆さん安全運転で走行お願いします。

 さて、昨日はサッカーの日本対ベネズエラの国際試合が開催されましたね。森保ジャパン4連勝がかかった試合でしたが、結果は1対1の引き分け。4連勝にならずちょっと残念でしたが、よく考えてみれば今から20年30年前Jリーグが開幕したあたりは南米のチームに引き分けだったらセルジオ越後さん以外の大部分の日本人は「よくやった」との評価になっていたのかと思います。日本の代表選手も頑張っていますね。
 この放送の冒頭、選手のスタジアム到着が遅れたとの説明がありました。職業柄ウォーミングアップの時間が少なくなると気になったため、今回のブログにお話しさせて頂きます。

 準備体操(ウォーミングアップ)の言葉はご存知の方がほとんどかと思います。スポーツの前には、必ず準備体操を行って身体を温めておくほぐしておくものです。準備体操は身体を運動に適した状態に持っていくだけでなく、運動中のケガを予防する上でも重要な役割を果たします。準備体操をスポーツの事前に行うのは健康の維持と運動能力を最大限に引き出すためです。平常の状態から急に激しい運動を行うと、心臓に強い負担が掛かりアクシデントが発生するリスクが高まります。また、充分なウォーミングアップが出来ていないと筋肉の伸長が不足し、可動域が狭くなって、捻挫や挫傷(肉離れ)などの原因にもなってしまいます。準備体操を行っておくことで、暖気運転をした自動車のようにスムーズな立ち上がりと満足の行く運動能力を発揮できるようになり、ケガの防止にも大きな影響を与えます。

 では、どのような準備運動が良いのかわからない方もいらっしゃるかもしれませんが、細かいストレッチを一つ一つ覚えると、とても面倒になって「まあいいや」となるかもしれません。”そこで”皆さんご存知のあれです。そうあれです。ほんの僅かだけ引っ張りましたがほとんどの方がご存知の【ラジオ体操】です。あれ、一生懸命やると結構身体が伸ばされるの実感できますよ。この仕事の勉強を始めた頃、私も一生懸命ラジオ体操をやったところ少々汗をかき(どれだけ運動不足だったか・・・)全身がほぐれたことを実感できたのです。もちろん現在も患者さんが「ゴルフやウォーキングをしている」などお聞かせいただいた際は【ラジオ体操】をおススメしています。学生時分は「かったり~」なんて適当にやっていましたが、現在の変わりよう。「〇〇先生、反省しています_(._.)_」

 さて、今回【ラジオ体操】をおススメしましたが、もちろん部位別の【ストレッチ】もいろいろあり準備運動だけでなく、肩痛・腰痛・坐骨神経痛など筋肉由来の要因の場合もある痛みに関しても効果があります。皆さんも是非お試しください。もちろん当院でも指導させて頂いております。他に、当院の機材(高周波温熱器)にて筋肉の拘縮改善のプログラムもあります。お気軽にお問い合わせください。

 今回もお付き合いいただきありがとうございました。ちょっとでも皆様のお役に立てれば幸いです。これから寒さが強くなっていくでしょう。寒さによる冷えは、いろいろ影響がでます。是非お気お付けてお過ごし下さい。
 

関連記事

  1. 日立シビックセンターにて

  2. 秋の行楽シーズンです。

  3. むくみについて

  4. 交通事故について

  5. 熱中症の予防と対策について

  6. 8/20 茨城ゴールデンゴールズ荒井選手来院されました!

休診案内

かつぬま整骨院のFacebook

最近の記事

PAGE TOP